中国も円資産を購入

中国も円資産を購入

日本の為替市場関係者がいま注目しているのは、3兆1975億ドル(6月末)と世界最大の外貨準備を保有する中国の投資動向だ。中国は、貿易黒字や直接投資など海外からの資本が流入すると同時に、人民元高圧力を抑えるための為替介入で、外貨準備が蓄積しやすい。その額は年初からの6ヵ月だけで3500億ドル増えたが、ドルやユーロが不安を抱えているため、日本国債や韓国国債での運用を増やしている。

 

中国による円買いの動きはどのくらいの規模か。日本の財務省が公表している対内証券投資動向によると、中国は昨年10月以降、中長期債の買い越しに転じている。直近の額は3月2345億円、4月1兆3300億円、5月4971億円。過去5年ほどさかのぼっても1ヵ月の買い越し額の最大は約1200億円。足元の水準はかな旦局い。上海の証券会社関係者によると、中国の外貨準備のうち、円資産は大体5〜6%と推測されており、それを10%程度に引き上げるとみられている。

 

このマネーは、日本株にも向けられているようだ。中国をはじめとしたアジア勢による日本株買いが円買い要因になっているとの声がある。車只証券取引所が公表している海外投資家の地域別動向によると、6月は米欧投資家が日本株の売り越しに転じた一方、アジアの投資家は10ヵ月連続での買い越しとなった。1〜6月の買い越し額は9700億円に達し、半期としては07年I〜6月以来の高水準となる。

 

このような各国による円買いが為替市場に与える影響を計ることは難しい。だが、昨年から続く円高には、これらの動きが影響していると考える市場関係者は少なくない。円高要因は想像以上に強固なのではないか。

 

 

達人のFX比較
FX歴5年の投資家が運営。最高のFX会社を選ぼう!FXの比較ランド。勝つためには サービス内容の評判がいいFX会社選びが重要です。スプレッドのFX比較から、ランドや トルコリラなど人気のスワップ金利通貨の為替レート情報を紹介。
FX初心者の入門
FX初心者の方むけの外国為替取引仕組み入門講座。取引スタイルに応じた業者選びから人気ランキング